サイドカーよもやま話その1

BMW.jpg

 今回は連載はお休み。忙中閑有りで「サイドカーよもやま話」なるものを時々書こうと思います。写真は当時あこがれていた、故大陸モータース太田氏のレース写真(富士スピードウエイ)です。あの頃大陸関係の人たちの「日本サイドカークラブ」というクラブがあり、確かそのクラブ主催のレースだったかと記憶しています。太田氏はダントツ1位でしたが、BMWR69Sを改造したレーサーが重低音で疾走する姿を今でも覚えています。
私は太田氏には会ったことはありませんが、当社代表の大和田氏は面識があるそうです

C81-3

 太田氏が走っているところは見たことがあります。富士スバルラインを私の愛車ライラックC81で90km/hで走っていたとき、バイク雑誌に掲載されていた太田氏ともう一人のR69Sサイドカー2台があっという間に追い抜いて行きました。その時「いつかあんなサドカーに乗りたいな」と思ったものです。ちなみに写真のライラックC81は今でも忘れられない名車です。革ジャンに見えるのは実はビニール製でした。貧乏でしたが楽しい時代でした。

W1S.jpg

 これは私にとって初めてのサイドカーです。本車はカワサキW1Sで、サイドカーはJSC(日本サイドカー連盟)のS氏から譲っていただきました。カーはミナト式改造で車輪とサスは三菱コルトの物を付けてありました。新婚当時の愛妻はパッセンジャーとして乗ってくれましたが、いつのまにか乗らなくなり、以来一人旅が続いております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴殿の若かりし頃の勇士を初めて拝みました。GTRで「青春よもう一度」・・・ですね。(汗)

Re: No title

お恥ずかしい限りです。人生一度きり、人に迷惑かけない範囲で好きなことをやり遂げるのもいいかなと思っておりますが傍で妻が「りっぱに迷惑かけているじゃない!」と言われている様な気がして・・・(汗or涙?)

No title

今の野地さんの方が,カッコよく、若く見えますよ。(ヘルメットかぶってたら)WⅠS懐かしい、私も2台目は、WⅠ19701年乗りました。万博に行って、白バイに捕まり、苦い経験も。その翌年東名で、真っ白のマッハ3のニーラーの、サイドカーとすれ違い、何時かは乗りたいと、憧れました。バイクの記憶だけは、鮮明です。
プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード