FC2ブログ

イグニッションコイル交換

073_389.jpg

 我家の買い物カーであるスバルプレオの調子が悪く、アクセルを踏むと「息つき」現象を起こすようになりました。デーラーに持っていくとイグニッションコードの劣化が原因と言い、交換修理の結果息つき現象は直りました。この結果を見て愛車GTRの点検を思いつきました。

DSCN4319_395.jpg

 これは新品に交換したスバルのイグニッションコードです。実は愛車のGTRも2年ほど前からアクセルを吹かすと4千~5千回転で息をつく現象が起きていました。それ以上の高回転になるとスムーズになるのですが新車時には無かったことで気になります。GTRのアイドリング時にマフラー出口の排気に手をかざすとミスファイヤのような冷たい排気が混じります。
 ネットで調べるとプラグキャップと一体型のイグニッションコイルはエンジンの熱の影響で故障することがあるようです。そこでマニュアルどおりイグニッションコイルの抵抗値をテスターで計ると、3本は正常値内。1番エンジンは許容範囲ギリギリで微妙なところでした。

075_390.jpg

 その1番エンジンのコイルは焼けたあとが目視できます。 他の3本にはこのような焼け色は見られません。これが原因なのでしょうか。

DSCN4330_392.jpg

こちらは新品で外観もきれいです。ということで原因は確かな特定はできませんが新品に交換することにしました。純正品を注文すると1本5,078円4本で20,312円。痛い出費です。壊れたコイルのみ交換も考えましたが他の3本もいずれ壊れると見て全部交換です。

DSCN4333_393.jpg

イグニッションコイルの交換はプラグ交換と同じ作業。エンジンカバーを外し、エアクリーナーボックスも取り外します。

DSCN4335_394.jpg

カプラーを外してコイルを引っこ抜きます。

DSCN4326_391.jpg

 ついでにクラッチワイヤーも予備的に交換。2,154円でした。
 交換後エンジンをかけてみると、アイドリング時の一発死んでいるような冷たい排気は無くなりました。回転もスムーズに上がるように感じましたが実際にフルスロットルで走ってみないと結果は分かりません。しばらく様子をみて後日リポートしたいと思います。


 オクトラン 営業担当   野地幸雄  090-3148-3044

 オクトラン柏工場  大和田重実   047-161-1041

 











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう言えば、最近のツーリングで飛ばさないな~と思って居ましたが
原因は電気系統でしたか。次回から追いて行けなく成りますが、
余り無理しないでテスト走行して下さいネ。

人間にも何か装置を付けると元気に成る物が有ればネ~。

Re:GL1500様

>
> 人間にも何か装置を付けると元気に成る物が有ればネ~。

ご推察のとおり、運転者の点火装置が劣化しているようですが
部品交換もならずゆったり走行で行くしかありませんね。
プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード