GTRのスプロケット交換

DSCN3286_097.jpg

 最近のスーパースポーツバイクは厳しい騒音規制をクリヤするためにミッションのギヤ比がものすごくハイギヤードになっています。我が愛車のGTR(スズキGSX-R1000)もご他聞にもれず1速で180Km/hも出てしまうのだそうです。このままではサイドカーとしてはとても使用できないので、タイヤの小径化、エンジンスプロケット17枚⇒16枚に変更していますがタイトなコーナーではまだギヤが高すぎる傾向があります。そこで走行4万5千キロになったのを契機に前後スプロケットを交換することにしました。
 計算すると現在はノーマルより後輪は14.7%多く回転しています。これをおよそ20%増にするにはエンジンスプロケ15枚、リヤスプロケ41枚にすれば19.4%増しとなります。バイク用品通販サイトで調べると国産品はリヤスプロケがアルミ製しかないのでスチール製で歯数が自由に選べる、イタリヤのAFAM製をオーダーしました。

DSCN3282_098.jpg

DSCN3284_099.jpg

 作業はオクトラン代表の大和田さんに逐一指示を仰ぎながらすすめます。まずはエンジンスプロケットカバーを外し、36ミリナットを外します。

DSCN3290_100.jpg

 ハブを取付けているセンターシャフトナット(30ミリ)を外します。かなりきつく締めてあるので苦労しました。

DSCN3296_101.jpg

 バックギヤモーター、ブレーキを外しアップライトを支持している5箇所のボルトを抜くとアップライト一式を取り外せます。

DSCN3298_103.jpg

DSCN3299_104.jpg

 ごらんのようにバックギヤ用のフライホイールリングギヤとスプロケットがアルミハブに共締されるという極めて複雑で精度が要求される構造になっています。

DSCN3301_105.jpg

頑丈に締められたナット6個を慎重に外します。

DSCN3304_106.jpg

スプロケが外れました。見たところギヤ面の減りは僅かであり、まだ使用範囲内なので捨てずに保管することにしました。

DSCN3307_107.jpg

DSCN3308_108.jpg

 バックギヤモーターを取り付け、新品のスプロケをネジロックを塗布したボルト6本で締め付けます。ベアリングにガタや異音はなく正常と判断されたのでモリブデングリスを補充してしてこの部分の作業は終了。

DSCN3312_110.jpg

 アップライトを元のように取付けます。

DSCN3321_113.jpg

 チェンを取り付ける前に前後のスプロケが一直線状に位置するように面出し調整行います。調整はアップライトを支持している最後部下側のアームをすこしづつ回転させて行います。

DSCN3316_111.jpg

DSCN3318_112.jpg

 スプロケを新調したのでチェンも新しくしました。今回は江沼チェンの530ZVX3(BK,GP)を使用します。

DSCN3328_115.jpg

DSCN3329_116.jpg

 チェンの張り調整、ブレーキ、マフラーの取付等を行って完成。近所を試走した感じは今までより発信や加速が鋭くなり、後輪のトルクが明らかに増大しています。峠道が楽しみになりました。なお、スピードメーターは補正デバイスにより補正したのでノーマルと同じに表示されます。
 今回かかった部品代は
   エンジンスプロケット3,430円  リヤスプロケット4,783円、ドライブチェン17,139円、片口メガネレンチ2,690円、スパークプラグ(イリジウム)6,276円 合計34,318円(いずれも税送料込み)でした。
 今回の作業はオクトラン大和田代表の指導の基に行いましたが、多くの作業が知恵の輪的状態で難しく、二度とやりたくありません。また重要保安部品でもあるのでやはりオクトラン工場でやってもらうべきと痛感しました。

 オクトラン営業担当  野地幸雄  連絡先 090-3148-3044






 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード