ジャリングサイドカーの詳細

P5040113.jpg

 ジャリングサイドカー(JH600BJ)とはどんなサイドカーか紹介します。まずジャリングというバイクメーカーですが中国重慶市に本社を置く中国最大級のバイクメーカーで中国名は嘉陵工業有限公司といいます。ジャリングホンダという合弁会社も設立しホンダの小型エンジンの生産も行っています。中国国内の重要は150CC以下の小型バイクやそれを付けたトライシクルという貨物用3輪車などが主力でサイドカーに搭載されている600CCエンジンは最大排気量となっています。

JIALING_01

メーカーカタログから抜粋したJH600BJサイドカーの諸元表です。

P5040114.jpg

 エンジンは水冷単気筒SOHC、4バルブ589.9CCで最高出力は38.7PS(6000rpm) 最大トルクは5.1Kgm(4500rpm)という中低速重視型のエンジンです。前進4段後退1段のミッションを装備。ボッシュ製のEFIフュエルインジェクション、排気ディバイス、日本の排ガス試験も合格済みです。

P5040111.jpg

 ご覧のように全幅は1580㎜とスリムな車体です。バンパーの上にあるのは本物の銃座です。オーナーはビデオカメラなどを装着すれば面白いシーンが撮れそうです。

P5040116.jpg

リヤビューです。スペアタイヤホイールは標準装備で3輪に互換性があります。タイヤは4.10-18でチューブ式です。

P5040128.jpg

 カーボデイ(舟)は金型プレスによる鉄製でスポット溶接され頑丈そのものです。軍用なのでトノカバーやスクリーンは付属していません。なおこのサイドカーは車検証上3人乗りです。

P5040122.jpg

 このサイドカーは本車前輪と側輪が連動してステアする方式を採用しています。二人乗車で荷物を満載したときのステアリングを軽くするための物と思われます。フレームはバイクにサイドカーを付けた物ではなく、専用フレームのコンプリート車です。フロントフォークもトレール量を減少させる専用設計となっています。

P5040132.jpg

P5040133.jpg

P5040131.jpg

 ブレーキは3輪とも油圧式ディスクブレーキとなっています。側輪にはキャリパーが2個装備されています。これはフロントブレーキをかけたときに側輪ブレーキと連動し、フットブレーキ(後輪)ブレーキをかけた場合も側輪と連動するという凝った造りになっています。

P5040134.jpg

 タイヤは台湾(中国本土にも工場あり)のKENDA製(日本にも代理店あり)のサイドカー専用タイヤです。サイズは4.10-18チューブ式でパターンはオフロードを意識したもの。ホイールリムは36穴のスチール製、スポークも極太です。

P5040125.jpg

 トランクのふたは大型ラッゲージキャリヤが装備され、積載重量はなんと50kgまでとなっています。ヒンジ式で開閉できます。

P5040126.jpg

トランク容量は60リットルとなっており深さも十分にあります。ちなみにパッセンジャーシートは前後10cmほどスライドします。

お申込みお問い合わせ先

Eメール octrunsc@ybb.ne.jp
オクトラン柏工場 代表 大和田重実 04-7161-1041
営業担当  野地幸雄 090-3148-3044
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード