GT2型 制動能力証明取得車 350万円から


 世界的な自動車の安全基準、環境性能への関心の高まりの中で規制が強化されサイドカーにもその波が押し寄せてきました。バイクからサイドカーへの改造申請にあたっては、それまではブレーキ性能の計算書を提出すればよかったものが1999年7月以降登録もしくは生産された車両については一台一台実車による制動能力試験を受験して合格証明書を添付しなければならなくなりました。(経過措置がありましたが現在はなし) しかもその受験費用は対策費も含めると数百万円にもなり日本では新しいバイクをサイドカーにつけることは費用的に不可能かという冬の時代を迎えてしまいました。

PA080470ボデイ整形_456


 このような状況下でオクトランGT2型サイドカーは、国土交通省が組立車として認可したオクトランGTRの技術と実績が評価され、基準を満たした組立車と同一フレームを使用すればどのような新型バイクでもサイドカーの車検取得が可能となりました。
 GT2型サイドカーはフレーム、制動装置、懸架装置、使用部品などの厳しい規格を厳格に守って製作されるためコストアップが避けられません。しかし国産、外車を問わず最新型バイクでのサイドカー車検取得ができることを考えれば350万円からという価格は納得していただけるのではないでしょうか。

PA090614ボデイ整形_460

GT2型サイドカーの標準仕様です
●オクトランGTサイドカー2型 制動能力証明取得車
 対象車両
  お客様がご用意いただく本車が1999年7月以降~現在までの登録または生産車両
 価格:350万円から(本車除く)  消費税、登録諸費用、自賠責保険料別途
 標準仕様
  1.カーボデイ
    GT型サイドカー 風防およびトランクの開閉ガスダンパー式、ソリッド(単色)塗装
  2.フレーム
    国土交通省組立車対応 制動能力証明取得オクトラン特製角型フレーム
  3.フロントサスペンション 操舵方式
    オリジナルハブステアリング
    A型アームWウイッシュボーンサスペンション
    ショックアブソーバー 汎用

PA140756ボデイ整形_466

 4.側車輪
    Wウイッシュボーン
    ショックアブソーバー 汎用
  5.後輪 
    Wウイッシュボーン シャフト駆動車
    パラレルアーム チェン駆動車
    ショックアブソーバー 本車用または汎用
  6.ホイール/タイヤ 
    3輪とも4輪車用アルミホイール15インチまたは16インチ
    タイヤ 同 V規格
  7.ブレーキ
    全輪制動能力証明取得4輪車用ディスクブレーキ
  8.トノカバー(全天候)
 標準納期
   製作開始から3ヶ月~4ヶ月

PA150762ボデイ整形_467

●オプション
  ①後輪駆動バック装置 チェン駆動、シャフト駆動 50万円
  ②フロント、リヤ用ナイトロンショックアブソーバー 1本10万円~
  ③2色以上塗装 10万円~
  ④オクトラン特製駐車ブレーキ 15万円
  ⑤ETC取付け 3万5千円
  ⑥増設ガソリンタンク 容量1㍑につき1万円 例15㍑15万円
  ⑦その他 内装カーペット仕上げ、ダッシュボード取付け、オーディオ取付け、パッセンジャー用
    アシストバー取付け、トランクキャリア、ウイングなどご注文に応じます。
写真はBMW1600GTLの後輪に付けられたバック装置(モーターは外してあります)です。

 1999年7月以降登録のバイクまたは最新型バイクでサイドカー装着をお考えの方は是非ご相談ください。国産、外車を問わずほとんど全てのバイクに装着が可能です。

連絡先 オクトラン営業担当 野地幸雄 090-3148-3044  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいね!

なるほど、明確に分けたのですね。とてもいいと思います。
どんどん宣伝ですね。

Re:湘南サイドカークラブN様

>分かりやすく整理しました。多くの方に知っていただきたいのですが。
まだまだ宣伝が足りませんね。
プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード