乗ってみないと分からない?

IMG_2887ボデイ整形_296

 前のブログでもご紹介しましたがJSC車山サイドカーフェスティバルでは試乗会を行い好評でした。これは「どんなに口で良いといっても結局乗ってみないと分かっていただけないからね」ということでリメイクサイドカーとGTRサイドカー二台のサイドカーに試乗していただきました。

DSCN1713ボデイ整形_306

 最初はハンドルの下にあるべきタイヤがおよそ40センチも先にあるスタイルに驚いていましたが、試乗していただいたみなさん口をそろえて「驚いた、実に安定してるね」「据え切りでは重いと感じたハンドルも走り出すと軽いんだね」と話していました。

IMG_2889ボデイ整形_299

 無類の安定性の秘密は2メートルというこのロングホイールベースです。確かに外観上は大きさを感じますがこの長さが安定性を生み出しているのです。走っていればこの長さはまったく気になりません。

IMG_2890ボデイ整形_298

 ロングホイールベースのもう一つの狙いは、前輪と側輪を結んだ線の真ん中に重心位置をもっていくことです。カー側に曲がる場合、カーが浮き上がる原因のひとつは旋回時に後輪に重力が集中しタイヤがグリップしすぎてカーが浮き上がります。重心を前に持ってくることで重力が分散されカーが浮き上がる前に後輪がゆっくりスライドしてくれます。

DSCN1726ボデイ整形_308

 これも実際に乗ってみないと分かりません。試乗された方は「ほんとに浮かないんですね」と実感してくれました。オクトランでは「浮きにくい」「浮きずらい」と表現していますが通常の走行では浮かせるのが難しいくらいです。

IMG_2893ボデイ整形_295

 ところがロングホイールベースといっても通常のバイクやサイドカーのフレームでは実現が難しいため、オクトランは強力な角型鋼管によるシャーシーとも言うべきフレームを開発し、その上にバイクとカーボデイを載せる方式を採用することによってホイールベースを長くすることが可能になりました。

IMG_2891ボデイ整形_300

 別な場所でしたが、人のいない駐車場にパイロンを置きGTRにパッセンジャー無しで8の字走行をしていただきました。「苦手な左カーなのに楽しく走れた。全く浮く気がしない。こんな楽しいサイドカーがあったんだね」と言っていました。今回の展示でリメイクサイドカー7人、GTRに3人の方が試乗していただきました。
 オクトランはこれからも「より楽しく、より安全なサイドカー」を目指して研究、努力を続けていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一度乗ってみれば・・・

本当ですね。試乗させてもらって、このサイドカーの良さに驚きました。
もし、このサイドカーで峠を攻めることができたら最高ですね。
羨ましい限りです。

Re: 海好きEML さま

> 本当ですね。試乗させてもらって、このサイドカーの良さに驚きました。
> もし、このサイドカーで峠を攻めることができたら最高ですね。

ご試乗いただきありがとうございました。夢を実現するお手伝いをさせていただきたいと思います。

プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード