バイクナビの更新

P2190002_017.jpg

 オクトランGTRサイドカーのナビとしてGARMIN社のZUMO660を5年間使用してきましたが、GPSの捕捉が遅くタッチパネルの感度が鈍いなど問題があった為更新することにしました。しかしバイク用で雨や振動に強く、信頼性のあるナビは少なく、いろいろ探した結果2016年8月に発売されたYupiteruBNV-1の評判が良いので横浜のNAPS幸浦店から購入しました。

P2190004_018.jpg

 バイクにナビを取り付ける場合いつも苦労します。特にGSX/RのようなSS系バイクは取付場所がほとんど無く、無理やり付けてもカウリングと干渉するなどの問題が発生します。また老眼の進んだ私(営業担当野地)はあまり遠い所に付けると画面が判読できません。そこで今回は前から空けてあったステアリングアッパーブラケットの10ミリ孔に写真のRAM MOUNTSミラーフレームベースを取付け、手持ちの同ショートアーム、ラムマウントベースを利用して取付けることにしました。

P2190005_020.jpg

 ナビ取付け用のクレードルを取付けるとピッタリと収まります。

P2190008_021.jpg

ナビをセットしてみるといい感じです。手元で角度調節もでき、ハンドルを回しても干渉する所はありません。

P2190010_022.jpg

 この位置ですと目線を少し下げるだけで画面が見えます。(老眼鏡を掛けなくても何とか判読可能)スピードメーター等の視認性も影響は無く、メインスイッチの操作も支障はありません。

P2190019_024.jpg

配線を終えオプション品のボリュームスイッチを両面テープで取付けて作業終了。



P3190034_025.jpg

 ナビの音声は今までBLUETOOTH(ブルートウース)を利用したインターコムを使用していましたが、昨年のJSC東北大会後の台風下の走行で浸水。使用不能となったためオプションの有線スピーカーを使用することにしました。付けはずしの面倒はありますが環境変化を受けにくく、音声もクリアです。ちなみに降車後IPHONに端子を差し込めばヘルメットをかぶったまま電話通話が可能です。

P2190017_033.jpg

 ツーリングで使用してみましたが、エンジンをかけるとすぐにGPSを捕捉、その早さ、感度のよさには驚くばかりです。トンネルを出ると瞬時に目的地案内に復帰するので安心です。ヘルメット内のスピーカーもクリアでうるさいGTRのエンジン音にも負けません。目的地検索もやりやすく高速道路から一般道への切り替えも容易でした。液晶画面の輝度も十分で見やすいものでした。長距離テストの結果はこれから試してご報告したいと思います。

オクトラン営業担当  野地幸雄
プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード