FC2ブログ

イグニッションコイル交換

073_389.jpg

 我家の買い物カーであるスバルプレオの調子が悪く、アクセルを踏むと「息つき」現象を起こすようになりました。デーラーに持っていくとイグニッションコードの劣化が原因と言い、交換修理の結果息つき現象は直りました。この結果を見て愛車GTRの点検を思いつきました。

DSCN4319_395.jpg

 これは新品に交換したスバルのイグニッションコードです。実は愛車のGTRも2年ほど前からアクセルを吹かすと4千~5千回転で息をつく現象が起きていました。それ以上の高回転になるとスムーズになるのですが新車時には無かったことで気になります。GTRのアイドリング時にマフラー出口の排気に手をかざすとミスファイヤのような冷たい排気が混じります。
 ネットで調べるとプラグキャップと一体型のイグニッションコイルはエンジンの熱の影響で故障することがあるようです。そこでマニュアルどおりイグニッションコイルの抵抗値をテスターで計ると、3本は正常値内。1番エンジンは許容範囲ギリギリで微妙なところでした。

075_390.jpg

 その1番エンジンのコイルは焼けたあとが目視できます。 他の3本にはこのような焼け色は見られません。これが原因なのでしょうか。

DSCN4330_392.jpg

こちらは新品で外観もきれいです。ということで原因は確かな特定はできませんが新品に交換することにしました。純正品を注文すると1本5,078円4本で20,312円。痛い出費です。壊れたコイルのみ交換も考えましたが他の3本もいずれ壊れると見て全部交換です。

DSCN4333_393.jpg

イグニッションコイルの交換はプラグ交換と同じ作業。エンジンカバーを外し、エアクリーナーボックスも取り外します。

DSCN4335_394.jpg

カプラーを外してコイルを引っこ抜きます。

DSCN4326_391.jpg

 ついでにクラッチワイヤーも予備的に交換。2,154円でした。
 交換後エンジンをかけてみると、アイドリング時の一発死んでいるような冷たい排気は無くなりました。回転もスムーズに上がるように感じましたが実際にフルスロットルで走ってみないと結果は分かりません。しばらく様子をみて後日リポートしたいと思います。


 オクトラン 営業担当   野地幸雄  090-3148-3044

 オクトラン柏工場  大和田重実   047-161-1041

 











スポンサーサイト



車体カバーを考える

DSCN4314_367.jpg

 サイドカーのオーナーにとってツーリング先での宿泊時のサイドカーの雨対策、保管には苦労していることと思います。多くの人は4輪用のボデイカバーや2輪用の物を使用していますが、左右が非対称のサイドカーの場合はピッタリする物が存在せずオーナーのみなさんは様々な工夫をしています。

DSCN4300_370.jpg

 愛車オクトランGTRの場合も軽4輪用のボデイカバーを何種類か使っていましたが、①材質が薄く大雨のときは浸水してしまう、②使用頻度にもよるがあまり耐久性がなく3ヶ月~1年くらいしか持たない、③カバーかけや撤収に手間がかかり収納が大変、④ロープやゴムひもでしっかり養生しないと風で飛んでいってしまう、などの問題を解決できないでいました。
 そこで発想を転換し、サイドカー全体をすっぽり包むのではなく、メインスイッチ、電気装備関係の保護、カー側座席の保護に限定した一枚シートを試して見ました。
 購入したのはトラスコ長厚手UVシート♯5000、価格3,293円。シート生地の厚さは0.47ミリとブルーシートより厚手で浸水することはなさそうです。

DSCN4303_371.jpg

DSCN4306_373.jpg

 展開時大きさは幅1.8m、長さ2.7mでサイズ的にはGTRにピッタリ。厚手ですが折りたたむとご覧のように薄く、4輪用のカバーの半分以下のボリュームです。

DSCN4302_372.jpg

 シートには合計10個のアルミ製ハトメが打ってあるので写真のストレッチコードを8本購入し(2,560円)随時車体に引っ掛けてシートが飛ばないようしっかり留めます。ストレッチコードは線径8ミリの強力な物です。

DSCN4316_368.jpg

DSCN4317_369.jpg

 ご覧のように見てくれは今一ですが厚手の生地のため強風でもあおられること無く、飛んでいくこともありません。大雨強風下で2晩テストしました。もちろん全く濡れないということはありませんがトノカバー内や電装系への雨水の浸入はほぼ防げていました。
 折りたたみも楽で、タオルでざっと拭いてサクサク畳むことができました。帰宅後自宅で乾かすときもスペースを取らず短時間で済みました。
 
 このシートはもともと傾斜地の地面養生用の物で、敷きっぱなしで3年~5年は持つと書いてあり耐久性は高そうです。と言うことで一枚のシートでも割り切って使用すれば十分役に立つと感じました。


 オクトラン営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

 オクトラン柏工場   大和田重実 047-161-1041






ほたるキャンプ参加

DSCN4322_359.jpg

 7月13日JSC東京支部のお誘いで「ほたるキャンプ」に参加しました。ところは東京都あきる野市、養沢川のほとりにある「ウラルビレッジ」です。

DSCN4321_360.jpg


 ウラルビレッジはウラルオーナーでサイドカー好きのNさんが始めたキャンプ場で、管理もよく清潔でこぢんまりした施設です。

DSCN4324_361.jpg

 到着までは曇りでしたがお昼過ぎから雨が降り始めました。その中を続々とサイドカーが到着してきます。ドマニは新潟からはせ参じたSさん。今年車山で名刺交換した方です。2週間前に買ったばかりというGLサイドカーはHさん。

DSCN4325_362.jpg

名車大陸GTⅡもベストコンディションです。
雨のため写真はこれだけでしたが、恒例のオークションなど楽しいひと時を過ごしました。

DSCN4313_358.jpg

 話は変わりますが、走行5万キロを超えたのでラジエターキャップを交換しました。真夏の渋滞時を考えての交換です。純正部品で1438円(送料別)でした。テスト走行では水温計83度でサーモスタットが開き、102度付近でクーリングファンが回ります。96度付近に下がるとファンが止まります。
 真夏日にクーリングファンが回っているときにエンジンを切ると水温が下がるまですぐには再始動できません。ファンが止まるまで(水温が下がるまで)待ってからエンジンスイッチを切るのが正解のようです。

オクトラン  営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

オクトラン 柏工場  大和田重実  047-161-1041






2019サイドバイキングジャポンに参加

DSCN4294_353.jpg

 サイドバイキングジャポン実行委員会が主催するイベントが5月25日26日岐阜県下呂市ホテル美輝で行われました。かつてメガゼウスを日本に広めたコロフィーの榛葉氏が呼びかけたこのイベント、今年は10周年ということなので参加しました。

DSCN4275_347.jpg

 会場のホテル美輝までは我家から400kmあり、同行のGL1500チャンピオンサイドカーノッポさんと長野県飯田市で前泊。焼肉の聖地でジンギスカンをお腹一杯た食べました。翌朝元気にホテルを出発。

DSCN4278_348.jpg

 途中の国道256号線清内路峠のカフェでティータイム。その後も多くの道の駅で買物するなど、寄り道を楽しみながらのんびり、ゆっくりと走ります。

DSCN4283_350.jpg

 午後3時に到着。すでに大勢の方がくつろいでいます。メインの車両はやはりメガゼウス。よく手入れされコンディション良好の車が整列しています。

DSCN4286_352.jpg

 午後6時開会。懐かしいメンバーの方々を見ると「元気で参加できてよかった」という素直な気持ちが湧いてきます。この会は宴会中にそれぞれの自己紹介をするのが恒例になっています。ユニークな挨拶に爆笑が響きます。

DSCN4290_355.jpg

今回私の目を引いたのはこのW1SAサイドカー。オールメッキでレストアされその輝きは新車以上です。

DSCN4293_356.jpg

ご覧のようにスイングアームから、なんとメインスタンドまでメッキされオーナーの思い入れの強さと費用が想像されます。

DSCN4297_357.jpg

GTR5万キロ突破

 帰りは飛騨高山、上高地、松本を回って帰宅。全走行距離は799.6kmでした。わがGTRのオドメーターは50282km、ついに5万キロを突破しました。
 久々のロングツーリングでしたが体調もよく、GTRの軽快なハンドリングを十分に楽しむことができました。


 オクトラン 営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

 オクトラン柏工場 代表 大和田重実 047-161-1041








51回JSC全国ミーティング

IMGP0585_332.jpg

 米国シアトルからマイク/アイリーンご夫妻がJSC全国ミーティング参加のため来日。5月2日京都の太田ご夫妻と共に我家に前泊されました。

IMGP0580_334.jpg

 マイクさんはバイク好きでしたがロシアでの交通事故で左足を失い、以来サイドカーに転向。世界を股にアドベンチャーツーリングを企画するGlobeRidersを主催、自ら参加するというつわもの(強者)です。元マイクロソフトのエンジニアということでサイドカーは5台所有。うち2台は日本とドイツに置いてあるというリッチな人でもあります。来日暦は200回以上で奥様ともども流暢な日本語を話されるので安心しました。

IMGP0570_340.jpg

 近所のスーパーで食材を調達。日本食が大好きと言うことで楽しい夕食が始まります。マイクご夫妻、太田ご夫妻とも明るく気さくな方で話が弾みます。
アメリカのサイドカー事情やリタイヤ後の生きがいなど何でも話してくれました。

IMGP0567_343.jpg


IMGP0563_344.jpg

朝の点検を済ませて2台のGSサイドカー、私のGTRで車山へ出発します。

IMGP0595_336.jpg

 車山ハイランドホテルに到着。早速オクトラン大和田代表と交流。その後もマイクご夫妻はJSC事務局や参加者の方と積極的に交流していました。マイクさんは「アメリカのサイドカーイベントはハンバーガーとピザだけ、お酒は自分持ち。その点日本はすばらしい」とお気に入りの様子。来年もぜひ参加したいと言い残して5月4日次の目的地に向かいました。(5月10日帰国)

IMGP0586_333.jpg

会場風景です。今年は10連休の真ん中ということもあり例年より参加者が少なめとのことでした。

IMGP0614_337.jpg

IMGP0615_338.jpg

 オクトランは軽トラ積載用のCarry Home(キャリーホーム)とGTRを展示しました。車中泊ブームということもあり参加者の注目を集めていました。内装に断熱材が使用され、パインのムク材が貼られた室内は快適で「駐車場で宿泊したが外が0度ちかくでも全く寒くなかった」とのことでした。

 私は2年ぶりの全国ミーティング参加となりましたが、久しぶりに全国のお仲間にお会いしてたくさん元気をいただきました。これから体を慣らして少しづつJSCのミーティングに参加して行きたいと思います。

 オクトランGTR 現在の走行距離 49,478km


サイドカー、キャリーホームのお問合せ、ご相談は下記まで。

 営業担当  野地 090-3148-3044

 オクトラン柏工場 047-161-1041 大和田重実










プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード