FC2ブログ

2018ZOCミーティング


2018ZOC_278.jpg

ブログ担当OCTRUNGTRの野地です。12月1日2日もとZEUS仲間と長野県飯田市にあるふれあい山荘で行われたZOCミーティング(ZEUSオーナーズクラブ)に参加しました。澄み切った青空の下それぞれ思い思いの車で参加。バイク、サイドカー、JSCのこと、人生、健康などを語り合いました。

IMGP0495_274.jpg

残念ながらサイドカーは3台。本来ならあと4台のサイドカーが参加のはずでしたが、高齢化の影響でしょうか。

IMGP0497_275.jpg

 キャンピングカー2台、軽ワゴン、ミニバンなどで参加。でも2日目の朝は気温が零下に下がって路面凍結。車の選択は正解だったかもしれません。

IMGP0493_280.jpg

夜の食事はOさん特製の手作り餃子。それに豚串の囲炉裏焼き、めんたいもつ鍋などを腹いっぱいいただきました。

2018zoc-2_279.jpg

 話題になったのはJSC(日本サイドカー連盟)の本部や地方支部の実情でした。国民レベルの景気回復が遅れる中、サイドカーを巡る環境は改善の方向が見えません。そういう中で地方支部の活動をどうやって活性化していくか。熱心な話が続きました。

IMGP0521.jpg

 ミーティングを終えて無事自宅に帰りました。愛車オクトランGTRのオドメーターは48,732kmを表示。今までのサイドカーは長く乗ってもせいぜい2万キロ。我ながらよく乗ったものです。病気の空白がなければ6万キロに迫ったことでしょう。

 2018年のツーリングはこれで乗り収めと思います。来年はどういう展開になるのか分かりませんが、元気にサイドカーで走りたいと思っています。

           オクトラン営業担当
                           野地幸雄  090-3148-3044
          
           オクトラン柏工場
                           大和田重実 047-161-1041


スポンサーサイト

坂東将門祭りに出展

<IMGP0362_241.jpg

 JSC東京支部から茨城県坂東市の坂東将門祭りに出展しないかというお声があり、オクトランレーシングとGTRの2台がサイドカー展示に参加しました。

IMGP0360_238.jpg

 坂東市のメインストリートを車輌通行止めとし歩行者天国にした国道にJSC東京支部参加者のサイドカーがずらりと並びます。市民の方が「あれっつこれなに!かっこいい」と次々と振り向きます。

IMGP0352_237.jpg

 市民の一番人気はなんと言ってもでかいオクトランレーシングです。赤いジャンパーの大和田代表は市民から質問攻め、一つ一つ丁寧に応対しています。

IMGP0357_235.jpg

午後1時から4時近くまで展示が続き多くの市民がオクトランサイドカーに触れていました。

IMGP0309_240.jpg

市民マラソンには7500人が参加。ハーフマラソンのほか5キロコースなどランクに応じたステージが予定され熱走していました。

IMGP0415_239.jpg

 福島県相馬からは騎馬武者が参加。本物と見まごうばかりの衣装や走りに市民は大歓声。キリリとしてかっこ良く私も大感動しました。

 オクトランとしてはレーシングとGTR2台そろっての展示は初めてでした。東京支部のMさんは「このような催しにサイドカーを展示して市民の方に見たり触ったりしていただき、少しでもサイドカーへの理解を深められれば」と語っていました。

 オクトラン営業担当  野地幸雄 090-3148-3044









静岡N氏コレクション訪問

027.jpg

 オクトラン営業担当の野地です。サイドカー復帰第2弾ツーリングは静岡市由比にあるN氏のコレクションを見に行きました。同行はこのツーリングに誘ってくれた埼玉のSさんです。(集合地東名中井SAにて)
 NさんはZEUS、バジャイサイドカーのオーナーであり、名車ビモータHB2ほか多数のバイクや4輪車を所有しています。

046-2.jpg

ほぼ自作したというガレージ。中にはお宝が一杯か?期待が膨らみます。

034-2.jpg

ガレージ内のブルーシートをはずすとあるある、次々とバイクが姿を現します。これはヤマハのRD125 2サイクルツインエンジンです。

038-2.jpg

 見覚えのあるバイクの間にカワサキKDXモトクロッサー。N氏は若いころモトクロスやトライアルをやっていたと言います。ホンダのトライアル車も2台ありました。あまりにその数が多くて紹介し切れませんが、コレクションは250cc以下の小排気量が多いようでした。

068-2.jpg

 自宅のショールームにはメンテ中の名車ビモータHB2が置いてあります。エンジンはホンダCB1100だそうです。手前はビューエル。近くの借りているガレージにはZEUSやバジャイ、フィアットのアバルトなどが置いてあるとのこと。

079-2.jpg

 合間に東海道五十三次歌川広重の浮世絵で有名な薩埵峠(さったとうげ)を案内していただきました。旧東海道から登るのですが狭くて怖いので軽自動車で案内していただきました。

102.jpg

 ご自宅は昔大名が参勤交代で宿泊したと言う旧東海道由比本陣の近くです。平日にもかかわらず観光客がゾロゾロ。土日は大変な混雑だそうです。

 ということで1泊2日のツーリングは終了。楽しいひと時を過ごせました。気の置けない仲間との尽きない話に夜の更けるのも忘れていました。

 Nさんはバイクやサイドカーをこよなく愛し大切にされています。また地元に生まれ地元を愛し、地元の仲間たちと充実した人生を過ごしておられると感じました。

Nさんと奥様のご接待に感謝しつつ帰途につきました。

追伸 
 GTRのエアフィルター交換の効果は素晴らしく、加速時の空気不足のような息つきはほぼ解消したようです。新鮮な空気を一杯吸って元気に走ってくれました。

  オクトラン営業担当  野地幸雄  090-3148-3044








エアフィルター交換

IMGP0107_212.jpg


  「そう言えばGTRのエアクリーナーしばらく点検していないなあ」と思い整備手帳を見てみると、2013年7月18日 (走行5734km)以来全く交換していないことに気がつきました。現在の走行距離は47,215kmですからなんと5年間、3万7千キロもほったらかしていたことになります。GSX/Rのエアクリーナーは昔のバイクのよう汚れたら清掃と言うのではなく、サービスマニュアルでは1万8千キロ(36ケ月)ごとに交換となっています。これは大変!遅まきながら早速純正エアフィルターを取り寄せ交換することにしました。


IMGP0113_202.jpg


 サイドカバー、シートを外し、エンジンカバーを取るとエンジン上部が現れます。

IMGP0115_203.jpg

10本のビスを回してエアクリーナーカバーを外します。

IMGP0119_205.jpg


 現れたのは真っ黒に埃の詰まったフィルターエレメント。これは中から空気を吸って外に吐き出す型式なので外側はさほど汚れが見えませんが、中はビッシリとゴミや埃が溜まっています。

DSCN0956_210.jpg

 これは5年前の新品の写真。このように濾紙の赤色が見える状態でした。このフィルターは米国K&N社製の物で吸気抵抗が少ないと言われていました。メンテナンスキットを買えば再利用が可能な製品ですが、メンテナンスキットと同額程度で純正部品が買えるので元の純正品を使うことにしました。


IMGP0122_207.jpg

フィルターを通過した空気は清浄化されて空気室に入り、エンジンに吸い込まれると言うわけです。
 5年ぶりで新品に交換したエアフィルターですが、走行フィーリングがどのように変わるのか、近日中に走行テストを行う予定です。部品代 suzuki フィルタアッシイ \2,872 送料\380

 お持ちのバイクにサイドカーを付けたいと思っている方はオクトランにご相談ください。最新型のバイクから古いバイクまでご予算に合ったサイドカーをご提案します。お気軽にお電話ください。

 オクトラン工場 千葉県柏市岩井775-1 電話047-161-1041 代表大和田 重実

 営業担当  野地幸雄  090-3148-3044









快気祝いをしていただきました

IMGP0056_191.jpg

 「サイドカーに乗れるようになったよ」と言ったら、お仲間たちが快気祝いを開いてくれました。
某月某日、某所に集まったのは私を含め5人。なんとケーキまで用意されて嬉しいやら恥ずかしいやら。

IMGP0051_190.jpg

 集まったのは車にバイクにサイドカー、色とりどりです。ジンギスカンを焼いてビールで乾杯。それぞれの近況報告。「健康を大事に大いに楽しもう」と夜中まで話は続きました。

IMGP0074_192.jpg

 久しぶりに乗ったオクトランGTRは絶好調でしたが、8ヶ月の空白は大きく、首、肩、腰、手首などの痛みや疲労がなかなかとれません。それでも快適なサイドカー走行に体も徐々に馴染んで来ました。
 慎重に運転したせいか燃費も好調でおよそ400kmを走行して、16.85km/ℓを記録しました。レーシーなエンジンですが燃費の良いのは助かりますね。

ということでサイドカー復帰も順調です。

オクトラン工場 千葉県柏市岩井775-1 (047-161-1041)へお気軽にお立ち寄りください。事前の電話をいただけると助かります。

 オクトラン営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード