FC2ブログ

ほたるキャンプ参加

DSCN4322_359.jpg

 7月13日JSC東京支部のお誘いで「ほたるキャンプ」に参加しました。ところは東京都あきる野市、養沢川のほとりにある「ウラルビレッジ」です。

DSCN4321_360.jpg


 ウラルビレッジはウラルオーナーでサイドカー好きのNさんが始めたキャンプ場で、管理もよく清潔でこぢんまりした施設です。

DSCN4324_361.jpg

 到着までは曇りでしたがお昼過ぎから雨が降り始めました。その中を続々とサイドカーが到着してきます。ドマニは新潟からはせ参じたSさん。今年車山で名刺交換した方です。2週間前に買ったばかりというGLサイドカーはHさん。

DSCN4325_362.jpg

名車大陸GTⅡもベストコンディションです。
雨のため写真はこれだけでしたが、恒例のオークションなど楽しいひと時を過ごしました。

DSCN4313_358.jpg

 話は変わりますが、走行5万キロを超えたのでラジエターキャップを交換しました。真夏の渋滞時を考えての交換です。純正部品で1438円(送料別)でした。テスト走行では水温計83度でサーモスタットが開き、102度付近でクーリングファンが回ります。96度付近に下がるとファンが止まります。
 真夏日にクーリングファンが回っているときにエンジンを切ると水温が下がるまですぐには再始動できません。ファンが止まるまで(水温が下がるまで)待ってからエンジンスイッチを切るのが正解のようです。

オクトラン  営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

オクトラン 柏工場  大和田重実  047-161-1041






スポンサーサイト

2019サイドバイキングジャポンに参加

DSCN4294_353.jpg

 サイドバイキングジャポン実行委員会が主催するイベントが5月25日26日岐阜県下呂市ホテル美輝で行われました。かつてメガゼウスを日本に広めたコロフィーの榛葉氏が呼びかけたこのイベント、今年は10周年ということなので参加しました。

DSCN4275_347.jpg

 会場のホテル美輝までは我家から400kmあり、同行のGL1500チャンピオンサイドカーノッポさんと長野県飯田市で前泊。焼肉の聖地でジンギスカンをお腹一杯た食べました。翌朝元気にホテルを出発。

DSCN4278_348.jpg

 途中の国道256号線清内路峠のカフェでティータイム。その後も多くの道の駅で買物するなど、寄り道を楽しみながらのんびり、ゆっくりと走ります。

DSCN4283_350.jpg

 午後3時に到着。すでに大勢の方がくつろいでいます。メインの車両はやはりメガゼウス。よく手入れされコンディション良好の車が整列しています。

DSCN4286_352.jpg

 午後6時開会。懐かしいメンバーの方々を見ると「元気で参加できてよかった」という素直な気持ちが湧いてきます。この会は宴会中にそれぞれの自己紹介をするのが恒例になっています。ユニークな挨拶に爆笑が響きます。

DSCN4290_355.jpg

今回私の目を引いたのはこのW1SAサイドカー。オールメッキでレストアされその輝きは新車以上です。

DSCN4293_356.jpg

ご覧のようにスイングアームから、なんとメインスタンドまでメッキされオーナーの思い入れの強さと費用が想像されます。

DSCN4297_357.jpg

GTR5万キロ突破

 帰りは飛騨高山、上高地、松本を回って帰宅。全走行距離は799.6kmでした。わがGTRのオドメーターは50282km、ついに5万キロを突破しました。
 久々のロングツーリングでしたが体調もよく、GTRの軽快なハンドリングを十分に楽しむことができました。


 オクトラン 営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

 オクトラン柏工場 代表 大和田重実 047-161-1041








51回JSC全国ミーティング

IMGP0585_332.jpg

 米国シアトルからマイク/アイリーンご夫妻がJSC全国ミーティング参加のため来日。5月2日京都の太田ご夫妻と共に我家に前泊されました。

IMGP0580_334.jpg

 マイクさんはバイク好きでしたがロシアでの交通事故で左足を失い、以来サイドカーに転向。世界を股にアドベンチャーツーリングを企画するGlobeRidersを主催、自ら参加するというつわもの(強者)です。元マイクロソフトのエンジニアということでサイドカーは5台所有。うち2台は日本とドイツに置いてあるというリッチな人でもあります。来日暦は200回以上で奥様ともども流暢な日本語を話されるので安心しました。

IMGP0570_340.jpg

 近所のスーパーで食材を調達。日本食が大好きと言うことで楽しい夕食が始まります。マイクご夫妻、太田ご夫妻とも明るく気さくな方で話が弾みます。
アメリカのサイドカー事情やリタイヤ後の生きがいなど何でも話してくれました。

IMGP0567_343.jpg


IMGP0563_344.jpg

朝の点検を済ませて2台のGSサイドカー、私のGTRで車山へ出発します。

IMGP0595_336.jpg

 車山ハイランドホテルに到着。早速オクトラン大和田代表と交流。その後もマイクご夫妻はJSC事務局や参加者の方と積極的に交流していました。マイクさんは「アメリカのサイドカーイベントはハンバーガーとピザだけ、お酒は自分持ち。その点日本はすばらしい」とお気に入りの様子。来年もぜひ参加したいと言い残して5月4日次の目的地に向かいました。(5月10日帰国)

IMGP0586_333.jpg

会場風景です。今年は10連休の真ん中ということもあり例年より参加者が少なめとのことでした。

IMGP0614_337.jpg

IMGP0615_338.jpg

 オクトランは軽トラ積載用のCarry Home(キャリーホーム)とGTRを展示しました。車中泊ブームということもあり参加者の注目を集めていました。内装に断熱材が使用され、パインのムク材が貼られた室内は快適で「駐車場で宿泊したが外が0度ちかくでも全く寒くなかった」とのことでした。

 私は2年ぶりの全国ミーティング参加となりましたが、久しぶりに全国のお仲間にお会いしてたくさん元気をいただきました。これから体を慣らして少しづつJSCのミーティングに参加して行きたいと思います。

 オクトランGTR 現在の走行距離 49,478km


サイドカー、キャリーホームのお問合せ、ご相談は下記まで。

 営業担当  野地 090-3148-3044

 オクトラン柏工場 047-161-1041 大和田重実










Revival CAFE(リバイバルカフェ)

IMG_0618_320.jpg

 友人から面白いCAFEを見つけたので行って見ないかと言うお誘いがありました。場所は我家から30~40分の三浦市初声町(はっせちょう)和田2650-3にあるらしい。さっそく仲間3人で訪問しました。

IMG_0623_321.jpg

 国道134号線に面したこのCAFE入口にトライアンフのスポーツカー(TR4)の抜け殻が置いてあるのですぐ分かります。

IMG_0634_317.jpg

お店は昔の農家の蔵。地元の佐島石を使った石作りで、オーナーやスタッフ、応援者の人たちでリニューアルしたと言います。

IMG_0626trm_326.jpg

 右側の男性がオーナー。かつてモンキーのサイドカーやサイデスカー(サイドカー)を製作してたことがあり、今は中国でジープの製作などを手がけていると言います。車やバイクに関する物造りが大好きだそうです。

IMG_0627_318.jpg

オープンデッキで友人の二人。昔は紅顔の美少年でしたが。

IMG_0633_319.jpg

二階にはテーブル席がありランチなどが食べられます。奥のスクリーンでは旧車のフォーミュラレースのビデオが上映中でした。

IMG_0616_323.jpg

 オープンしたのは昨年の5月だそうです。駐車場はお店の前に車6台くらい、奥に10台くらいとめられるのでサイドカーで行っても心配はありません。話好きのオーナーや若くて美人のスタッフさんとの会話も魅力のCAFEでした。

 Revival CAFE (リバイバルカフェ) 神奈川県三浦市初声町和田 2650-3 phon 046-815-6229 営業は朝11時から

   
    オクトラン営業担当  野地幸雄  090-3148-3044
    
    オクトラン柏工場   大和田重実 047-161-1041









軽トラキャンピングハウス

IMGP0272_convert_20190303183139.jpg

新企画 軽トラキャンピングハウス


以前から企画していた商品です。
イメージコンセプトは、 気軽にアウトドア
思い付いたら何時でも何処でもお出掛け可能です。

試験走行が可能な状態まで仕上がりましたので、本栖湖まで出掛けてみました。
あいにく富士山には雲がかかっておりましたが雄大な景色に感動です。

IMGP0282_convert_20190303183540.jpg


自動車保安基準に従い軽トラの積載範囲で作製されています。
骨組みには、軽量高剛性の構造用角形鋼管が使用されており、走行性能にも配慮しています。

IMGP0277_convert_20190303182729.jp<br />g

今回は、試作製品ですので多少高価でしたが
快適な居住空間を目指し、断熱効果の高い二重ガラス構造の開口部を採用しています。
スライド式ステップを製作して、安全な乗降も確保しました。

室内のご紹介は次回致します。


この度の企画は、低価格で販売可能な DIY商品 の開発を目標にしております。

フレーム構造(骨組み)の販売
外壁:防水工事までの販売
断熱:内装工事までの販売
照明:備品工事までの販売
完成品の販売

など、ユーザー様のご要望に応じた範囲での販売可が可能です。
アフターフォローも考慮しておりますので、ご安心頂けると確信しています。

お気軽に御相談下さい。

オクトラン 大和田重実












プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード