嘉陵サイドカー試乗記

2016_0705_095254_004 3442-crop-2

 嘉陵サイドカー試乗記の続きです。まずは横須賀から一般道走行です。国道20号線(甲州街道)を山梨方面へ200kmほど走ります。走り出してすぐ感じるのはハンドリングの素直さと安定の良さです。フロントフォークはバイクと同じテレスコピックですが、ステアリングヘッドの角度よりフォークの角度の方が寝ているサイドカー専用設計となっているため、ハンドルは軽く適度に粘りがあります。クッションも柔らかくて腰があり、ステアリングダンパーが無くてもハンドルシミー(ブレ)はまったくありません。

Snapshot1275-crop-2.jpg

 さらに直進安定性も素晴らしく、ギャップ通過時のハンドルブレも少なく一発で復元します。このあたりを見るとメーカーはバイクに側車を付けたサイドカーではなく、コンプリート車として本気で開発されたことが分かります。側輪をみると通常のサイドカーよりリードが長くボート(舟)もかなり前よりとなっています。体重85kgの息子を乗せて走りましたが、ふつうはボデイを前に出すとハンドルが重くなりシミーが発生するものですがこれはそういうことがありませんでした。実に良くできたサイドカーと思いました。

P5040121.jpg

 相模湖付近から国道20号甲州街道に入りました。山間部を走るこの道は道幅がせまくてタイトなコーナーが連続しています。全幅1580mm、トレッド1080mmと細身のサイドカー、しかもパッセンジャーや重し無しなので右コーナーでカーが浮くことを覚悟していましたが良い意味であてが外れ、ほとんど浮くことはありませんでした。これはフロントフォークと連動して側輪が舵を切る仕掛けが効いているからと思われます。ただし、浮かないのも国道レベルの道の話で、よりきつい県道レベルのコーナーではさすがに側輪が浮き上がるので要注意です。

P5040114.jpg

 エンジンはホンダによく似た水冷単気筒589ccで馬力は38.7PSと発表されています。最初は低速トルクで走るエンジンと思っていましたが4速3千回転ではややかったるく、4千、5千と回してやるとキビキビ走るタイプです。心配した振動は6千回転でも大きな振動はなく、全回転域で心地よい振動感を味わえます。帰り道の高速道路では90kmから100kmで楽に巡航することができました。最高速度はカタログ表記の120kmは可能と感じました。

P7120025.jpg

 新車で走行750kmを過ぎたのでオイルを交換しました。排出したオイルはまったく綺麗なもので、GSX/R1000の初回オイル交換と同じ印象を持ちました。このメーカーはホンダのエンジンを製作する会社なので工作精度も高いと感じました。

P5040131.jpg

 鉄製のボデイや頑丈なフレームワークなどいかにも丈夫そうな造りの嘉陵サイドカーですが、それはスポークの太さにも現れています。線径はおそらく5ミリはあろうかという太いもので、手持ちのニップルレンチではニップルを締めることができません。小型のモンキーレンチで増し締めをしました。恐ろしいほどの頑丈さです。

P5040132.jpg

 ブレーキはフットブレーキ、右手ブレーキとも側輪ブレーキと連動しており、急制動時にも真っ直ぐ停止するのでパニックブレーキも安心です。フロントブレーキはリヤよりも強力に効きます。

P5040124.jpg

 リバースギヤはミッションに組み込まれています。使い方はニュートラルにしてメインスイッチの左にあるレバーを上げて、シフトペダルを下げればリバースに入ります。後はクラッチとアクセルで坂道でもドンドン加速します。リバースがあると無いとは大違い。ホントに便利です。
 燃費は満タン方式で計測すると、一般道で18.5km/㍑、高速道路(90km平均速度)17.5km/㍑でした。タンクは満タンで19㍑入る(内予備は3.5ℓ)ので警告ランプが点く前に、230kmは無給油で走れるようです。

P7050009.jpg

 道の駅やサービスエリアでこの車を見た人は「ノスタルジックで親しみやすいね」「サイドカーらしいサイドカーだね」と評判でした。およそ800kmほどの試乗でしたが、癖も無く素直で乗りやすいサイドカーという印象でした。このサイドカーが軽自動車程度の価格で買えるのですから、初心者にもベテランにもお勧めです。

営業担当  野地幸雄  090-3148-3044
スポンサーサイト

嘉陵(ジャリング)サイドカー試乗記

 GTRサイドカーエンジン不調(電気系統)のためオクトラン工場に入院となりました。大和田代表から 「代車としてしばらく乗ってみたら」 と勧められたので試乗テストを兼ねてお借りすることにしました。まずは動画(1分40秒)をご覧ください。

[広告] VPS

中山写真レポート

 サイドカーカレンダーでお馴染み写真家南出様から6月4日の中山サーキット走行写真のご提供をいただきましたので紹介します。オクトランサイドカーは3台が参加してサーキット走行を楽しみました。

IMG_9009.jpg


熊本からノンストップで参加された自称「走り屋」のT様、今年も元気に走り回っておられました。オクトランスポーツツアラーです。


IMG_8493.jpg

 初参加の神奈川Nさん。これはテストランの写真ですがエキスパートランではパッセンジャーを乗せて水澄ましのように走っていました。オクトランGTサイドカーで本車はBMWK1200Sです。

IMG_8912.jpg

 同じく初参加私のGTRです。国土交通省認可のオクトランスペシャルシャーシーにスズキGSX/R1000のエンジンを積んでいます。サーキットでも浮かないサイドカーを証明しました。

南出様写真のご提供ありがとうございました。  オクトラン営業担当  野地幸雄


2016 WestSidecar in 中山ビデオ

6月4日岡山県中山サーキットで第9回WestSidecar in 中山Festivalが開催され、営業担当の私は仲間3人と参加しました。OctrunGTRはエンジン不調でしたが、たくさんのお仲間と楽しい一日を過ごしました。実行委員会スタッフの皆様には大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。元気でしたら来年もチャレンジしたいと思います。当日のビデオ(2分程度)をご覧ください。
なお、オクトランサイドカーは3台(スポーツツアラー、GT、GTR)が走りました。
営業担当  野地幸雄

[広告] VPS

貨物サイドカー

DSCN0921 (640x480)

物品販売用貨物サイドカーを作りました。
ベース車両は、ホンダBA-AF62 Dio Cesta
原付1種スクーターです。

原付1種50cc以下の車両は、貨物用サイドカーの装着が認められています。
原付2種51cc以上125cc以下の車両の場合、側車装着が認められておらず、軽2輪に格上げ申請が必要になります。

原動機付自転車の大きさは、保安基準により、長さ2.5m 幅1.3m 高さ2m
今回の車両は、長さ1.85m 幅1.29m 高さ1.05m
保安基準内です。

DSCN0920 (640x480)

貨物用車両のオーバーハングは、2分の1以内
ホイルベースに対する基準です。
この車両のホイルベースは、実測1.1m
つまり、前:後輪軸より、55cm以内
実測で、前23cm 後50cm 基準内です。

DSCN0926 (640x480)

DSCN0925 (640x480)

側車側前部に、車幅灯 後部に、反射鏡兼用尾灯:制動灯が装着されています。

DSCN0924 (640x480)

側車側懸架装置
トレーディングアーム方式サスペンションを装備しています。
車格に合わせたセッティングで、安定した走行性能を確保しています。

側車下段には、大型のRVボックス 約60Liter 2個を配置
商品ストック用です。
中段:上段は、商品展示スペース
工夫次第で、色々なバリエーションが可能です。

気楽に出掛けられる小型のサイドカーも、なかなか良いものです。



オクトラン 大和田重実




プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード