嘉陵走行5千キロを突破

017.jpg

 9月9日10日JSC(日本サイドカー連盟)長野支部一泊ツーリングに参加しました。
このツーリングでオクトランが日本で初めて公認車検を取得した嘉陵サイドカー一号車はノントラブルで走行5千キロを突破しました。

011.jpg

 長野県中央道諏訪IC前のおぎのや駐車場に前に集合した参加者。このイベントは宿泊先の群馬県万座温泉まで集団ツーリングしながら向かうと言う走りが目的のイベントで熱烈なファンが多いのです。主催者の長野支部菅沼さんの諸注意を聞いた後ビーナスライン経由で草津へ向けて出発。

 015.jpg

 この日は珍しいほどの好天気にめぐまれ絶好のツーリング日和です。わが嘉陵サイドカーはパッセンジャーなしででちょっとつらいのですが快調なエンジンを操ってビーナスライン、車山高原の景色を堪能しました。

025.jpg

 およそ150キロほど走って群馬県万座温泉「万座亭」に到着。
嘉陵サイドカーはオフロード車なので普通のサイドカーより重心が高いのが特徴です。今日のような集団ツーリングの場合は無理して前についていこうとしないで自分のサイドカーの特性に合わせた慎重な運転がポイントとなります。ということでマイペースを保って運転しましたが仲間に遅れることなくお宿に到着です。

021.jpg

豪華な食事を前に主催者の菅沼さんが挨拶。

022.jpg

続いていつもお世話になっているJSC本部事務局の小関さん(モータースポーツライター)の挨拶があります。

034.jpg

 
 めっぽう速いと評判のオクトランGTサイドカーも元気に参加。オーナーから「GTRはどうなっているの」と言われました。

028.jpg

 難病で足でのシフトが出来ないと言うKさんは左手でシフトボタンを操作する機構を装着して参加。

029.jpg

 電気制御のアクチュエーターによりシフトペダルを動かします。「少しコツがいるがこれなら左足が不自由でもサイドカーに乗れる」と喜んでいました。

046-2.jpg


 総勢62名、サイドカー46台が集合したイベントでしたがみなさん大満足の様子。

048.jpg

最後の道の駅で集合して解散となりました。

 わが嘉陵サイドカーは今回763キロを走りました。これまでの全走行距離は5293キロでエンジン、車体関係ノントラブルです。燃費はコンスタントにリッターあたり20キロで推移しています。

次回は9月30日のJSCオータムミーティングイン長浜に参加します。

 嘉陵サイドカーなどお問い合わせは営業担当野地までなんでもご相談ください。 携帯090-3148-3044



スポンサーサイト

JSC東北大会参加

b029.jpg

8月19日に行われたJSC東北大会(岩手県花巻温泉志戸平ホテル)に嘉陵サイドカーで参加しました。

b014.jpg

ホテル前の駐車場には続々とサイドカーが到着。なつかしい人や初対面の人にお会いするなど楽しい出会いがあります。

b016.jpg

「まだまだこれから青春」がキャッチフレーズの田中さんは山形からW3にバイワーゲンサイドカーで参加。

0b24.jpg

 世話人をされた秋田の小関川さんの音頭で乾杯。青森の黒沢さんにも大変お世話になりました。何かと大変とは思いますがこれからもよろしくお願いします。

br032.jpg

 翌日は福島県南会津只見町の友人宅を目指してツーリング。

b038.jpg

 ジンギスカンのバーベキューに舌鼓をうち、夜の更けるまで人生四方山話で大いに盛り上がりました。同行のノッポさんは若い頃福島にいたとのことで友人と話が合い、旧知の仲のようでした。

b043.jpg

 帰りは只見町から国道252号豪雪地帯の田子倉ダムなどを通って新潟県魚沼郡の小出ICから関越自動車道へ入り藤岡JCT前でお別れしてそれぞれの自宅へ。

br001.jpg

 エンジンなどの耐久テストを兼ねた今回のツーリングでしたがおよそ1500㌔を走破して絶好調。さすがホンダの血を引くエンジンで高速道路の連続走行も不安の無いことが証明されました。このエンジンは600ccの単気筒ですが一軸バランサーがあるので振動が少なくストレスがなく高速走行は楽チンです。またエンジンの当たりもとれ高速道路を90Km平均で走って燃費は20Km/ℓを記録。ふところにもやさしい省エネサイドカーです。
 次回は9月9日の長野支部一泊ツーリングに参加します。

オクトラン営業担当  野地幸雄  090-3148-3044

暑中お見舞い申し上げます

046.jpg

 毎日暑い日が続きますがお元気でお過ごしのことと思います。サイドカー乗りにはダイエットに絶好の季節到来ですね。

037-2.jpg


先日は長野県飯田市にあるふれあい山荘の草刈に出かけました。たっぷり汗をかいたあと屋外で夕食宴会。

039.jpg

夕日が沈むと涼しい夜空に土星と木星の競演。ビールがすすみます。

024.jpg

033.jpg

 一方愛車のオクトランGTRは高速道路で突然のエンジン停止、初めてロードサービスを利用するという怖くてありがたい体験をしました。冷却水OK,、バッテイリーフル充電、なのにメーターにはcheckの文字が出てセルは回るもののエンジンはかかりません。JSC東北大会から帰ったらじっくり原因究明と修理をします。
 ということで8月19日20日、岩手県花巻温泉で行われるJSC東北大会には嘉陵サイドカーで参加.。帰りは福島県奥只見の友人宅を訪問します、

 昨年の青森東北大会は台風に追いかけられましたが今年はどうでしょうか。元気で行ってきます。

 オクトラン営業担当  野地 幸雄   090-3148-3044

嘉陵サイドカーで林道を走る

DSCN3344-2_131.jpg

 オクトランで発売中の嘉陵サイドカーを林道に持込んでどのような走りをするかテストしてみました。山梨県は林道の多い所ですが舗装化の進行で未舗装林道は激減しているようです。そんな中全長20kmにわたりオフロードという林道松尾山線(一部進入禁止区域あり)を走ってみました。

DSCN3345_124.jpg

横尾山林道の入口の一方は、国道141号線清里付近のクリスタルラインから入り県道610号線に抜ける林道高須線付近にあります。道案内の看板は×印ですがかまわず進むとゲートが現れます。私がバイクに乗り始めた頃は主要国道以外は殆どオフロードというか砂利道でした。久しぶりのオフロードなので少しドキドキしながらサイドカーを乗り入れます。

DSCN3346_125.jpg

 道路の幅員は3mとありましたが草が生い茂っているので事実上一車線しかありません。入口からしばらくはフラットな砂利道でしたが次第に尖った岩が露出するところが出てきます。嘉陵サイドカーは幅が1550ミリと狭く、舟側の地上高が高いのでお腹を
こすることもなく余裕で走れます。

DSCN3347_126.jpg

 このサイドカー専用に開発された18インチのタイヤはアクセルを吹かしても後輪が空転することなく路面を確実にグリップしてくれるので非常に安定感があります。またブレーキもよく利くのでスピードコントロールが容易で以前に乗っていたサイドカーと比べとても安心感があります。

DSCN3348_127.jpg

 運転に夢中で写真を撮り忘れましたが、途中からガードレールが途切れたり、落石がアチコチにあるところも通過します。フロントサスはテレスコながらよく作動し底付きはありません。しかし深い穴や岩をよけながら走るところではゆっくりと2速のギヤで進みます。激しい凸凹道でもハンドリングは安定し低速トルクが十分なのでトコトコと粘り強く走れます。

DSCN3349_128.jpg

 40~50分も走ったころ突然視界が開けゲートが閉まっています。昔は走れたそうですが今は不法投棄防止のため閉鎖されているそうです。ここまで十分にオフロードを堪能したので右折して県道610号に出ます。

P4280054_118.jpg

 寄り道して瑞垣山自然公園で一休み。日本百名山の一つで地中でマグマが冷えて固まった花崗岩が隆起してできた山と言われています。

DSCN3355_130.jpg

 林道三沢高須線、高須林道線を通ってクリスタルラインの野分付近に戻ってきました。中国と他国の国境付近のパトロールに使われているという嘉陵サイドカーは外観どおり頑丈でタフな走行性能を見せてくれました。ツーリングの途中にふらっと林道に踏み入れて見る そんな使い方が出来るサイドカーと実感しました。
 山梨長野は林道がたくさんあるようなので、梅雨の晴れ間に出かけて嘉陵サイドカーのレポートをご紹介したいと思います。

 オクトラン営業・広報担当  野地幸雄  090-3148-3044

GTRのスプロケット交換

DSCN3286_097.jpg

 最近のスーパースポーツバイクは厳しい騒音規制をクリヤするためにミッションのギヤ比がものすごくハイギヤードになっています。我が愛車のGTR(スズキGSX-R1000)もご他聞にもれず1速で180Km/hも出てしまうのだそうです。このままではサイドカーとしてはとても使用できないので、タイヤの小径化、エンジンスプロケット17枚⇒16枚に変更していますがタイトなコーナーではまだギヤが高すぎる傾向があります。そこで走行4万5千キロになったのを契機に前後スプロケットを交換することにしました。
 計算すると現在はノーマルより後輪は14.7%多く回転しています。これをおよそ20%増にするにはエンジンスプロケ15枚、リヤスプロケ41枚にすれば19.4%増しとなります。バイク用品通販サイトで調べると国産品はリヤスプロケがアルミ製しかないのでスチール製で歯数が自由に選べる、イタリヤのAFAM製をオーダーしました。

DSCN3282_098.jpg

DSCN3284_099.jpg

 作業はオクトラン代表の大和田さんに逐一指示を仰ぎながらすすめます。まずはエンジンスプロケットカバーを外し、36ミリナットを外します。

DSCN3290_100.jpg

 ハブを取付けているセンターシャフトナット(30ミリ)を外します。かなりきつく締めてあるので苦労しました。

DSCN3296_101.jpg

 バックギヤモーター、ブレーキを外しアップライトを支持している5箇所のボルトを抜くとアップライト一式を取り外せます。

DSCN3298_103.jpg

DSCN3299_104.jpg

 ごらんのようにバックギヤ用のフライホイールリングギヤとスプロケットがアルミハブに共締されるという極めて複雑で精度が要求される構造になっています。

DSCN3301_105.jpg

頑丈に締められたナット6個を慎重に外します。

DSCN3304_106.jpg

スプロケが外れました。見たところギヤ面の減りは僅かであり、まだ使用範囲内なので捨てずに保管することにしました。

DSCN3307_107.jpg

DSCN3308_108.jpg

 バックギヤモーターを取り付け、新品のスプロケをネジロックを塗布したボルト6本で締め付けます。ベアリングにガタや異音はなく正常と判断されたのでモリブデングリスを補充してしてこの部分の作業は終了。

DSCN3312_110.jpg

 アップライトを元のように取付けます。

DSCN3321_113.jpg

 チェンを取り付ける前に前後のスプロケが一直線状に位置するように面出し調整行います。調整はアップライトを支持している最後部下側のアームをすこしづつ回転させて行います。

DSCN3316_111.jpg

DSCN3318_112.jpg

 スプロケを新調したのでチェンも新しくしました。今回は江沼チェンの530ZVX3(BK,GP)を使用します。

DSCN3328_115.jpg

DSCN3329_116.jpg

 チェンの張り調整、ブレーキ、マフラーの取付等を行って完成。近所を試走した感じは今までより発信や加速が鋭くなり、後輪のトルクが明らかに増大しています。峠道が楽しみになりました。なお、スピードメーターは補正デバイスにより補正したのでノーマルと同じに表示されます。
 今回かかった部品代は
   エンジンスプロケット3,430円  リヤスプロケット4,783円、ドライブチェン17,139円、片口メガネレンチ2,690円、スパークプラグ(イリジウム)6,276円 合計34,318円(いずれも税送料込み)でした。
 今回の作業はオクトラン大和田代表の指導の基に行いましたが、多くの作業が知恵の輪的状態で難しく、二度とやりたくありません。また重要保安部品でもあるのでやはりオクトラン工場でやってもらうべきと痛感しました。

 オクトラン営業担当  野地幸雄  連絡先 090-3148-3044






 
プロフィール

octrun

Author:octrun
OCTRUNではサイドカーの製造、販売や金属部品の製造、販売等を行っています。

ご要望に合わせてオーダーメイドのサイドカーをお作りします!
またバイクや車のワンオフパーツなどの製作も対応致しますので、お気軽に御依頼下さい。

公式サイト
http://www.octrun.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード